現代病であるうつ病について知って対処方法を準備しましょう

ポップなくすり

うつ病について

うつ病は誰もがかかりうる病

最近「うつ病」という言葉をよく耳にするようになりました。しかしうつ病について詳しく知っている人は、必ずしも多くありません。気分が落ち込む心の病というような、漠然としたイメージがあるだけです。 うつ病は真面目な性格の人がかかりやすいなどと言われますが、原因は性格だけとは限りません。うつ病にはいくつものタイプがあり、誰もがかかりうる病なのです。 うつ病は、その原因も様々なら症状も様々です。しかしそのような多様な症状をもたらすカギは脳にあります。 近年になって、脳内の神経伝達物質がうつ病発症に大きく影響していることがわかってきました。脳内神経伝達物質の減少により、いろいろな症状が起きているケースが多く、またその原因も、個人の気質や日常生活のストレスなど複雑です。 このような観点からの研究や治療が、今後いっそう進められることでしょう。

様々な症状への治療方法と対応

うつ病の症状は様々ですが、「気分が落ち込み、やる気を無くす」という精神面への影響が一般的です。この症状に関与しているのが、セロトニンやノルアドレナリンといった脳内の神経伝達物質の減少です。 この治療方法として、抗うつ薬の服用があります。ただし効果の程度は個人により異なりますし、副作用があらわれる場合もあります。不快感があったら、すぐに主治医に相談することです。 うつ病治療において大切なのは、焦らないということです。患者自身だけでなく家族など周囲の人も、疲れた心身を休める期間と考え、信頼できる医師のもとで長い目で取り組む必要があります。 インターネット上には、うつ病に関するサイトが数多くあります。周囲の人は、そのようなサイトで知識や情報を得て、患者に対応すると良いでしょう。

治療にかかる平均的な費用を見てみる

 うつ病治療にかかる平均的な費用については、その人の症状によって、病院によっては、あるいは療養期間によっても違いがありますので、一概に示すのは難しくなります。  例えば、隔離が必要な症状が出ている人も中には存在します。自殺願望などが強く、周囲の人が監視をしていないと命の危険性がある場合には、入院の必要性などもありますので、この様なケースでは、長期的な療養になる可能性も高くあります。費用としては、1ヶ月の費用としても、10万円以上の費用が掛かる事もあります。  一方で、通院で治療し、お薬などを服用するケースもあります。この場合には、お薬の数が多いほど費用も掛かる傾向はあります。10種類以上のお薬を服用しているケースもありますので、1ヶ月のお薬代だけでも2万円以上の費用が掛かる事もあります。