現代病であるうつ病について知って対処方法を準備しましょう

ポップなくすり

注意が必要

こんな症状は要注意です

うつ病になる原因は、ストレス、環境の変化などいろいろ言われていますが、はっきりしたことはわかっていません。うつ病は真面目で几帳面、周りからの評価も高いという人がなりやすいと言われていますが、それにあてはまる人がなるというわけでもありません。 うつ病になると、今まで楽しんでいたことが急に楽しくなくなってきます。意欲がわかなくなり、テレビを見ても、会話を聞いても内容が頭に入らないという症状もでてくるようになります。しだいに閉じこもりがちになり、朝がとても辛くなります。気持ちがマイナス思考になり、自分は生きていても価値がない、死んでしまいたいなどと思って実際に自分を自殺まで追い込んでしまう人もいるので注意が必要です。

早めに治療すれば回復も早くなる可能性も

うつ病は症状に気がついたときに早めに治療すれば回復が早まる可能性があります。ただしうつ病の症状というのは、だれもがあるような症状なので、なかなか判断がつきづらいというのもあります。ひどい場合は、やる気がない、怠けていると周りから見られてしまう場合もあるのです。 また本人はとても頑張っているのに、もっと頑張れと周りから強要されてはとても辛いものです。 まずは周りのサポートも重要になってきます。うつ病になったらとにかく無理をしないことが大事です。 セロトニンやノルアドレナリンが不足するということが体では起こっています。これらを増やすようにするにはまずは休憩すること、太陽の光をあびること、アミノ酸のサプリメントをとることなども有効とされています。