現代病であるうつ病について知って対処方法を準備しましょう

過食がとまらないもしかしてうつかも?

Topics

うつ病について

近年増えている病気がうつ病です。脳内の神経伝達物質の現象によって症状が引き起こされるケースや、本人の気質、ストレスなど原因は様々です。抗うつ剤のふくようといった治療があります。

MORE

注意が必要

うつ病になると、意欲の減退が著しく、楽しかったことも楽しくなくなります。生きていることに喜びを見いだせず自殺願望を抱いてしまいます。早急に病院で診察を受け、適切な治療を行ないましょう。

MORE

うつの対応

日本では実に100万人以上のうつ病患者がいます。周りにうつ病患者が居る際に、どのような対応をすれば良いのかを知っておく必要があります。また、自分がうつになった場合の対応も併せて知っておきましょう。

MORE

うつの現状

うつ病の症状を改善するにはどのような対策を取ればいいのか、こちらのサイトで詳しく紹介していますよ。

うつ病の背景と主な症状

うつ病は現代病と思われがちですが実は歴史は古く、古代ギリシャまで遡ります。 当時は人間は4種類の液体で構成されてると考えられており、その中の黒胆汁という液体が多いと憂鬱な気質になると考えられており、黒胆汁をギリシャ語でメランコリーと呼んでいました。 その後ヨーロッパで研究が行われてきたのですが、18世紀〜19世紀にかけて精神の異常=悪魔の仕業という考えからメランコリーが世から消えました。 しかし20世紀に登場した精神病理学者テレンバッハがメランコリーという著書で精神病を唱え掘り起こされ、日本で正式に認知されたのはこの頃になります。 では、具体的にどういった症状かといいますとうつ病は精神症状と身体症状にに分類されています。 精神面では気分が晴れない、楽しめない、不安に駆られる、焦燥感、居なくなりたい死にたい等といったものがあります。 身体面では睡眠障害、摂食障害、疲労感、肩こりや頭痛等といった症状があらわれます。 このようなメランコリー型は一般的には頑張りすぎたり、責任感が強い人間がストレスを抱え発症すると考えられています。

近年になって登場した新型

近年になって新型うつ病が登場しています。 症状はメランコリー型と重なる部分も多いのですが、発症原因が異なります。 新型うつ病はストレス耐性が弱い体質で起こると考えられ、嫌な思いをしたときに発症しやすくなります。 責任感の強くそれを抱え込み自覚症状が無いメランコリーに対して、新型はストレスを受けないように極力責任のかかる役回りに付きたがらなかったり、他人のせいにしたりと逃避する傾向にあり、自らをうつ病だと公言しがちです。 しかしまだまだ認知度は低く傍から見るとワガママでサボり癖があると思われがちですが、本人は苦しい思いをしているのです。 治療もメランコリーと同等の薬を処方されますが、背景が違うため対策は大きく異なるのです。 今後のためにも新型が社会的にも広く認知され、精神分野でも新型うつ病がより研究されることが求められています。

うつ病症状診断を実施する方法について探る

 普段通りに生活をしていて、いつもと同じ仕事に従事し、仕事をてきぱきとこなしている様に感じても、どこか疲労感が消えないという時には、自分でも知らない内に精神的疲労が蓄積されている可能性があります。最近では、仕事場でうつ病と診断される人も多くなっており、企業でもその対応に追われるケースが発生しています。  うつ病については、自分で病気だと自覚できていない事がありますが、そのままにしておくと、症状が悪化していく恐れがありますので、専門的な治療を受ける必要も生じます。それ以前にできる事として、うつ病症状診断テストなどを実施してみる事もできます。病気を発症する人が多く、注目されている病気でもある事から、症状にいくつか当てはまる事で、病気の可能性を認識する事ができます。診断基準というのがありますので、サイトなどを利用すると、チェックする事ができます。

利用する人が多い理由について見てみる

 うつ病症状診断テストを利用する人が多い理由としては、やはり精神的なストレス症状を感じている人が少なからず存在しているからといえます。うつ病を含む精神疾患にかかっている人の数は、一説では300万人を超えているともいわれています。加えて、中には病院に通院していない人も存在していますので、その正確な数字は更に大きい事が予想されます。  実際に、自分の職場や周囲の人、あるいは友人・知人にうつ病を発症している人がいる、というケースも多くありますので、自分自身に病気の疑いをもっている可能性などもあります。誰でも少なからぬ精神的ストレスなどはありますが、病院に行くまでには及んでいない場合には、うつ病症状診断テストを利用している事が多くあります。

うつ病治療を快適に行う方法について探る

 現在、うつ病を含む精神疾患にかかっている人の数は、推定320万人とされていますが、劇的な数の軽減は未だ見られていません。それだけ悩みを抱えている人も多いという事でもありますので、適切な治療を実施して、健康的な生活に戻る準備をする必要があります。  うつ病の症状としては、自殺願望が絶えずあったり、精神的な疲労感の抑揚よりも、繰り返し疲労を感じていて、疲労感が消えないなどが挙げられます。症状として他にも、食欲不振や精力減退などがありますので、当てはまる症状が多い場合には、病気を疑ってみる事になります。  うつ病治療に関しては、現在では精神病の様な扱いをされなくなっています。病気を専門に取り扱う病院も一般に広がっています。通院を続ける人も多く見られますので、臆する事なく利用してみてください。

Pick Up

躁うつの症状

うつ病になると、気分が落ち込んでしまいます。うつの症状と、躁の症状が見られることもあります。うつ病になった際は、無気力になってしまうので早めに病院に行って治療を受けるようにしましょう。

MORE

うつのサイン

夜中に目が覚めたり、寝付けなくなるなどの睡眠障害もうつのサインになります。また、感情のコントロールが上手く行かずイライラしてしまうという症状もうつ病のサインとなるので病院に行きましょう。

MORE